債務整理で多重債務解決

債務整理の必要経費を準備

債務整理は、代理人を立てずに自分で処理することができます。しかし、債務整理には専門的な知識が不可欠なので、一般的に弁護士などへ依頼する形になるでしょう。

その際に、問題になってくるのが必要経費のことです。弁護士、司法書士への依頼というと、高額な費用がかかるイメージがありますが、実際にはどのような仕組みになっているのでしょうか。

このような法律家の場合でも、それぞれ必要な経費が違っているようです。それは、法律家個人によっても違うため、法律事務所ごとに独自の料金を設けています。

債務整理の場合は、借り入れしている業者の数によって、その費用を設定していることが多いようです。このことで、多重債務になっていれば、その分経費が必要になると考えた方が良いでしょう。

この業者の数による料金設定は、債務整理の基本料金とも言えます。法律家に依頼した場合は、成功報酬というものも存在するので、さらに経費がかかってしまうようです。法律事務所によっては、成功報酬を請求しないところもありますが、請求するのが一般的でしょう。

債務整理の経費は、相談すれば見積もりを提示してくれます。この見積もりが余りにも高額な場合でも、ほとんどの法律事務所で分割払いが可能です。

債務整理を依頼すると、払いすぎた利息が無いかがチェックされます。この時に、過剰な利息を払っていた場合に、元金への割り当てることができます。しかも、この過剰利息分で債務整理の料金を支払い行うことも可能なのです。

【債務整理】多重債務解消 〜借金減額の手続きと費用〜メニュー

【債務整理】多重債務解消 〜借金減額の手続きと費用〜リンク