債務整理で多重債務解決

司法書士にも依頼可能な債務整理

債務整理をしたいと考えた時、多くの方が弁護士に依頼することでしょう。しかし、債務整理は弁護士だけでなく、司法書士にも依頼することが可能です。いずれも、債権者と債務者の間を取り持ち、双方の言い分をまとめた上で、最適な対処法を提案してくれます。

基本的には、弁護士と司法書士のどちらに依頼しても良いのですが、借り入れ額によって扱い方が変わってきます。法律から考えると、弁護士でなければ多額の債務整理を処理することができません。

債務整理を行う方の多くが多重債務者に該当してしまい、司法書士では扱えない金額になっていることが多いようです。債務整理を依頼する際には、自分の借り入れ総額を把握した上で、弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

債務整理を行う上では、弁護士、司法書士を代理人と呼ぶことになります。要するに、自分に代わって債務整理を行ってくれるものです。代理人は、債務整理で裁判が必要になった場合、予納金を準備しなければなりません。

予納金は、代理人が弁護士なのか、司法書士なのかによっても変動します。弁護士の方が安い予納金が適用されており、司法書士の場合は想像以上に経費が嵩んでしまうこともあるようです。

また、解決までの日数も弁護士の方が有利になっています。この日数には、明らかな差があり、司法書士だと半年以上に及ぶ可能性もあるのです。

近所に司法書士の事務所しか無ければ、依頼してみるのも良いでしょう。しかし、弁護士と司法書士には、扱える問題が限られていることと、費用についてしっかり考えておかなければなりません。

【債務整理】多重債務解消 〜借金減額の手続きと費用〜メニュー