債務整理で多重債務解決

債務整理の特徴

いつの間にか増えてしまった借金は、自分の力では解決できないこともあります。返済したくても生活費を工面するだけで精一杯というケースも多いようです。また、返済するお金さえままならず、期日に間に合わず、督促が来てもなかなか支払えないという方もいます。

このような借金の問題は、債務整理で解決できるようですが、どのような特徴を持っているのでしょうか。債務整理は、法律と照らし合わせて、債権者に和解を求める方法です。基本的には、利息なしでの返済を依頼しますが、新たな利息が適用されてしまうのが現実になっています。

債務整理は、返済が困難であることを債務者に伝えることになり、続いていた督促がストップします。つまり、和解するまで返済しなくても良いということになるのです。

これは、今までの取引履歴を確認するために、返済を中断させるものですが、専門的な知識が不可欠になります。自分でも債務整理を行うことは可能ですが、弁護士や司法書士に相談するのが一般的です。

取引履歴によって、法外な利息が適用されていた場合、元金に相殺することができます。これによって、借り入れ自体がゼロになることも多く、借金から解放されることになるのです。

しかし、債務整理を行った場合、信用情報に記載されてしまい、新たに借り入れを増やすことができなくなります。信用情報を参照する金融機関全ての借り入れが不可能になるため、キャッシングも分割払いも申し込みができません。

【債務整理】多重債務解消 〜借金減額の手続きと費用〜メニュー

【債務整理】多重債務解消 〜借金減額の手続きと費用〜リンク